交通事故 車に跳ねられ脚ひざ骨折全治5週間 伊藤倫邦(いとうみちくに)


くじけないで 交通事故
 2013年3月6日(水)、早朝6時頃からいつものように事務所前の白山神社前のガードレールの花の手入れ、水遣り等
一輪車を押して作業をしていました。この時間は人や車の通りも少なく、奥には鎌倉カントリークラブと鎌倉湖があるだけ
で平日の早朝は、車の往来の少ない道です。

 この日は、たまたま鎌倉カントリークラブに早朝ゴルフに向かう女性ドライバーの乗用車に一輪車ごと跳ね飛ばされて
しまいました。頭が真っ白になり、記憶が定かでないのですが、すぐに救急車で近くの湘南鎌倉総合病院に運び込まれ
ました。メガネも割れ、顔の痣、全身の打ち身、頭痛、鼓膜、吐き気などを伴い、苦しい数時間でしたが、左ひざの複雑
骨折で全治5週間と診断されました。

 救急では整形外科の先生が1人しかいないということで、運び込まれたベッドに寝たまま不安に夕方まで過ごしました。
ギブスで固定してからは一安心でした。 これからは、松葉杖で歩かなければならないと先生に言われベッドのそばで
少し練習しましたが、初めての事で、とても歩くには不安を感じてしまいました。痛いところもあり、とうてい帰れないと思い
入院することにしました。

 次の日は、家族の献身的な支えもあり、ゆっくり休めたお陰で気力は元気になりました。すぐに退院手続きをして帰りま
した。 今が一番大事な時期でもあり、やらなければならないことが山ほど積み重なっています。なぜか、このような状況
にも関わらず力がみなぎってくる自分が嬉しくもありました。

 私どもの世代は、戦後の貧しい日本でしたが、頑張れば報いられるという時代でした。 私も、お金はないが大きな夢を
かかげ、24歳で小さいながらも自分の会社を持つことができ、今に至っています。 当時の苦労を思い起こせば、このよう
な事故ぐらいは乗り越えることができると信じれる自分がいて、信頼してくれる家族もいて、しかも、更なる目標に向かう
自分が嬉しくもあります。

 地域での活動をいつも一緒にやっている大船警察署の警部補さんも、最近この付近では、交通事故も多くなり、鎌倉湖
の近くで2件の死亡事故が発生しているそうです。鎌倉の地形は、道幅が狭く、急坂や急カーブなど、他所からのなれない
人の運転は、事故を起こしやすいそうです。交通事故は被害者も加害者も生活が一変してしまい、不幸な結果になって
しまいます。少しでも地域ぐるみで事故を減らす努力をしていかなければとお話されていました。

 「人間万事塞翁が馬」、きっと、次は良い事が起こる事を信じて。 白山神社へお参りに行ってきます。

  伊藤倫邦
湘南鎌倉総合病院 
ギブスをしてもらって一安心 ありがとうございました

花の章! 鎌倉の沿道を花で一杯にしよう・・・
活動報告1・・・ 花の章-1 沿道に花を植える。
 今泉白山神社前バス道路のガードレールにお花を植え、早3年半(2009年より)が経ちました。近隣の皆様より
「いつも綺麗で心が和みます」との言葉をかけて頂き、これからもずっと続けて行きたいと励まされています。

 少しでも住み良い町、綺麗な町になればと思っております。 10月19日は、これまで咲き誇った日々草から、
寒さに強いパンジーに植え替えました。今年のパンジーは花の付きが良く、とても綺麗に咲いていますが、少し
早い気がして春まで持つか心配です。 岩瀬の方たちにも協力して頂き、今泉から鎌倉街道に抜ける旧道の
ガードレールの一部にもパンジーが綺麗に咲いています。  今では、近隣の皆様のご協力も増えて、交代で
花の手入れ、水遣り等を定期的に行っております。

 平成24年8月には白山神社参道に紫陽花の苗木を10本植えました。 昨年の暑さにも耐え元気に育っており
ます。4~5年後が楽しみです。

私の思い~出会いを大切に~ (Ⅰ)花の章・沿道に花を (Ⅱ)空の章・航空隊研修 (Ⅲ)海の章・観艦式